恐れるなかれドル両替

ドルと両替の関係性をわかりやすく解説していきます!

ドルが通貨となっている海外に行く場合には、必ず日本円をその国で通用するお金に両替することが必要となります。
お得に両替できる知識やそのスポットについてを知っておくということでかなりの違いが出てきます。
米国の通貨だけでなく、オーストラリアやカナダなど、ドルを利用している国々はとても多いものです。
外国に行ってから困ったことがないように下調べをしておくことで安心して渡航できるようになりますで、まとめサイトでしっかりとチェックしましょう。

円からドルへの両替スポットまとめ

円からドルへの両替スポットまとめ

外国の通貨と日本の通貨は当然のことながら異なっています。
日本では「円」が通貨ですが、米国やカナダ、オーストラリアなどの国々では「ドル」を通貨としています。
国が異なると、お金を使おうと思っても使えませんので必ずその国の通貨に両替を行って準備をしておくことが必要となりますが、どのような手段で両替を行うのが最もお得なのでしょうか。
渡航前に日本で行う場合のスポットには、外貨取り扱いのある銀行や、国際空港などの窓口があります。
基本的にこれらの場所では営業時間であれば利用が可能です。
日本で予め行う場合には持ち出すことができる現金額が定められているため、どの程度のドルを持ち込めるかは確認しておくことが重要です。

両替で損をしないためのドル交換術

両替で損をしないためのドル交換術 海外旅行をする時に日本円を旅行先の外貨通過に両替しなくてはなりません。この時に賢く両替をしないと損をしてしまうことがあります。
国内で換えていくか、現地に行ってから換えるかはどちらでも構いませんが、米ドルは現地で交換をすると手数料が高くつくので日本で換えていって方がお得だとされています。
換えるときは銀行、郵便局、空港などでできます。外貨を換える際には手数料がかかり、この手数料によって損得が変わります。
例えば、交換手数料が1ドルあたり郵便局は2円なのに対して銀行は3円だったりします。
1ドル=100円だとすると、1万円を換えた時には郵便局は200円、銀行は300円の手数料が発生します。
海外ではクレジットカード払いが一般的なので、クレジットカードがあればそれほど現金は必要ありませんが、目安として現金で5万円ほどは必要です。
すると手数料だけで軽食一食分くらいの差が出ますね。ちなみに、都内や空港内にある外貨交換コーナーで換えた方が安く済みます。
外貨によって、国内か海外かで損得が変わり、国内でも手数料による差は出るのでよりお得に換えたいと考えるのなら下調べをした上で両替をする場所を選ぶといいでしょう。

新着情報

◎2018/11/2

ドルの両替の方法の種類
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

ネットでドル両替
の情報を更新しました。

◎2018/7/9

カードキャッシング
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

いくらから両替できる?
の情報を更新しました。

◎2018/3/1

カナダドルの両替
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「ドル 交換」
に関連するツイート
Twitter